200時間ヨガティーチャーズトレーニング

私が200時間のヨガティーチャーズトレーニングを受けたのは、ちょうど4年前。

当時私はダンナさんの転勤で上海に住んでいて、そこでZuddhaYogaのウェイロンとしほこさんとの出会いがあって、誘われるままにそこからバンクーバーに飛んで行って、1月のトレーニングを受けた。

その頃の私は、心理士としてのキャリアを中断して、上海で主婦をしているという生活に、私はこんなハズじゃない!とほとほと嫌気がさしていた。

だから、打ち込める何かということで半ばヨガに依存していたのもあったし、正直上海からもダンナからも一旦離れたかったというのもあって、バンクーバー行きを決めた。

そんな気持ちで参加した私にとって、トレーニングはかなりハードなものだった。

毎日野外で何時間にも及ぶ練習。

そこから英語でどんどん語られていく授業。

しほこさんや仲間が通訳してくれるのだけれど、疲れた身体でもはや頭働きません状態。

それで随分不満を溜め込んでは、何度もウェイロンとぶつかった。

でもその度にウェイロンは本気で返してきて、後から冷静に振り返ってみると、それってすごいことだったのだ!と思う。

あれだけのエネルギーで私と向き合ってくれたのは、後にも先にもウェイロンだけかもしれない。

そして間違いなく、それは私のエゴを打ち砕くきっかけとなったのだ。

ヨガは生き方全てに対する、深い深い教え。

それを少しずつでも理解していくには、自分の殻を破って、エゴを緩めていかないとどうしようもない。

4年前の夏、あの体験があって、私は確かに少しずつ変えられたのだ。

もう一つ私にとって貴重だったこと。

それは練習の大切さを叩きこまれたこと。

トレーニングを卒業してから3年半程、私は細とだけれどヨガをお伝えすることを続けている。

ヨガを伝え始めると、それこそ迷うことなんて山程ある。

その時どこに戻ってくるのか?結局は自分の練習しかないのだと思う。

それがないと本当にグラグラになってしまう。

タパスだと言われむちゃくちゃ練習させられたように思っていたけれど、今それが私を支えていることも間違いがない。

今年秋から、ウェイロンたちは日本で初めて200時間のティーチャーズトレーニングを開催する。

あれから4年、パパとママになったウェイロンとしほこさんは間違いなく愛がアップしてるし、内容やスタッフもいろんなことが整えられてきているよう。

今回は優秀な通訳さんがおられるので私はへなちょこ通訳ではなく、一部にはなるが参加してアーユルェーダをお伝えさせていただく予定。

小さな器かもしれないけれど、私が愛してやまないェーダの知恵をシェアさせていただけることは、この上ない喜びだ。

ヨーガとは生き方そのもの、それを全体として体験できるのが、ズッダのトレーニング。

新たな生き方への扉、ご興味おありの方、よければその旅をご一緒しましょう。

詳細はこちらから